(社)日本観光振興協会
平成23年度観光関係人材育成事業

地域の魅力向上・商品化研修「集客交流事業における地域資源の商品化を学ぶ」~農業・エコ・商業・まちづくり、ツーリズムによる協働を探る~

地域の魅力向上・商品化研修「集客交流事業における地域資源の商品化を学ぶ」~農業・エコ・商業・まちづくり、ツーリズムによる協働を探る~

地域の魅力向上・商品化研修

集客交流事業における地域資源の商品化を学ぶ
~農業・エコ・商業・まちづくり、ツーリズムによる協働を探る~

「農+ツーリズム」×「自然環境+ツーリズム」×「商業+ツーリズム」×「まちづくり+ツーリズム」

10 年ほど前から「着地型観光」の名のもと、まち歩きをはじめ、自然観察や野外活動、農山漁村での体験プログラムといった、地域コンテンツづくりが全国各地で進められてきた。地域資源を掘り起こし、市民の地元への理解や愛着を深め、それら資源(素材)を磨くことで地域の価値を高めて、来訪者にその魅力を味わってもらおうと意図する取り組みである。しかしながら、地域の人たちの懸命な取り組みにもかかわらず、それらが必ずしも交流人口の増加につながっていない地域も少なくない。その原因はどこにあるのか、またどのようにすれば、地域の取り組みが成果をあげることが可能となるのか。
本研修では、同じ地域にいながら協働のチャンスの少ない、農業、エコツアー、商業、まちづくりといった異分野の人たちが顔をあわせ、それぞれの立場からとりくむツーリズムの現状と課題を共有し、地域資源を活用した商品(サービス)づくりについて新たな視点から学んでいきたいと思います。

●期  間   平成23年6月~11月
●開催場所   全国10カ所 + 東京1カ所 (計11回)
●参加対象者  「グリーンツーリズム」「エコツーリズム」「観光まちづくり」にかかわる熱意ある人
全国10カ所  ⇒ 定員 50人
東京1カ所  ⇒ 定員100人

開催地と研修カリキュラムについて

詳細は各地域毎の開催概要ページにて随時発表いたします。

推進体制

本事業は、日本観光振興協会からの委託により、NPO法人ハットウ・オンパクが実施します。実施にあたり、農業やグリーンツーリズムの分野に精通する株式会社umari、野外活動やエコツアーの分野に精通する株式会社エコビジョンブレインズの2社に協力をいただき開催いたします。

主  催:社団法人 日本観光振興協会
実施協力:株式会社umari、株式会社エコビジョン・ブレインズ、NPO法人グローバルキャンパス

事務局 :
NPO法人ハットウ・オンパク 電話0977-22-0401 担当:末田 kenshu@chiikimiryoku.com